おすすめの iPhone iPadアプリを厳選して紹介します

iPhone、アンドロイドスマホで歩数計・万歩計よりも正確に歩数を測る方法

   

持ち方によってかなり誤差が出る

iPhoneやアンドロイドに備わっている「加速度センサー」を使うと歩数計のような機能を使うことができます。

その歩数計アプリを使って、一般的な歩数計・万歩計よりも正確に歩数を測ろう、という記事が@DIMEに掲載されていました。

歩数計、iPhone、Android、正確に歩数が測れるのはどれ?|@DIME アットダイム

僕も意識して歩く距離を増やしていた時期はiPhoneの歩数計アプリ「ヘルスキット」に大変お世話になりました。

しかし、「どうも数字がおかしいな?」と思うこともたまにありました。

実はこれはスマホの持ち方が原因だったようです。

シャツの胸ポケット、ズボンの後ろポケットなど「縦向き」になる位置が最適

記事ではポケットのほか、手に持つ、カバンに入れるなど、一般的な持ち運び方を比較していますが、結論として「縦位置で固定される」ポジションが最も制度が高かったようです。

iPhoneは標準アプリである「ヘルスキット」の歩数計、AndroidはGoogle Play Storeで評価の高い「Pacer」というアプリをテストに使っているようです。

手に持ったりカバンに入れたりでは歩行の動きがうまく検出できないんでしょうね。

ちなみに専用機である歩数計は腰位置に固定するという指定があるためか、誤差は2%以内と優秀な結果だったようです。

ソースの記事では数字による比較表も掲載されているので是非参考にしてみてください。

 

 - ニュース